薄毛に効果のある生活習慣とは

薄毛の原因は、ホルモンバランスの乱れによるものといわれていますが、
そのほかにも生活習慣も大きく影響するといわれています。
また、ホルモンバランスそのものも、生活習慣と関わりあいがあるといわれており、
どちらにしても、生活習慣を見直すことは、薄毛に効果があると考えてよいと思います。

では、どういった生活習慣が薄毛に影響を与えるのかといいますと、
まず、不規則な生活やストレス。
お肌などと同様に頭皮や毛髪も、睡眠中に最も細胞の発育や修復が活発化するといわれており、
充分な睡眠をとることは非常に重要です。
そしてストレスは身体を緊張状態にします。このことから全身の血行不良へとつながり、
頭皮や毛髪にまで充分な血液が行き渡らなくなり、発育を妨げてしまいます。

食事については、ビタミン、ミネラル、良質なたんぱく質など、
バランスのとれた食事を摂ることが重要です。
これは頭皮や毛髪に対してだけでなく、身体そのものにとってでもあり、
脂っこいものや、肉料理、ジャンクフードなどばかり食べていると、
栄養が偏ってしまい、結果薄毛の原因となってしまいます。

ヘアケアにも注意

パーマをかけたり、カラーリングをしたりするほかにも、
毎日の生活の中で、ワックスやムースなどの整髪料を使っているという方も多いかとおもいます。
こういった本来ないものを付け加えるという行為は、
頭皮や毛髪には良い影響を与えないと考えたほうがよいでしょう。

パーマやカラーリングは髪を傷めます。
整髪料は頭皮に残ってしまうと、毛穴を塞いでしまうなどの要因から、
頭皮環境を悪化させる原因となってしまうことがあります。

運動不足も関係する

運動不足も、薄毛に影響があるといわれています。
血行不良が頭皮に悪影響があることは、上記でも触れましたが、
それ以外にも一定の有酸素運動を行うことで、男性ホルモンのひとつである
テストステロンやインスリンの量が増えることから、
ホルモンバランスに大きく影響を与えるといわれています。

COPYRIGHT© 2013 薄毛・AGA対策 Navi ALL RIGHTS RESERVED.