タバコやお酒は薄毛に影響がある?

バランスのとれた食事を摂ることが重要であることはすでに触れましたが、
では、タバコやお酒は薄毛に影響があるのでしょうか?

結論からいいますと、もちろん影響はあります。
具体的にはどういった影響があるのか考えてみたいと思います。

タバコの場合

タバコは【百害あって一利なし】ともいわれるほど、体にとってよくないことだらけなのは
ご存知のとおりですが、薄毛にも決して良いといえる面はありません。

愛煙家のほとんどは、「ストレス解消のためにはタバコが必要。」
なんていうことをよく言いますが、実際のところタバコを吸うことで体内のビタミンCを大量に消費します。お肌と同様に頭皮もまた、ビタミンCは重要な栄養素です。
頭皮のビタミンCが欠乏すると、結果的に髪の毛も栄養不足となり、
抜け毛などの原因となるケースが多いのです。

また、タバコに含まれるニコチンは毛細血管を収縮させてしまい、
頭皮に栄養を運ぶ血液の循環を妨げます。これもまた髪の毛にとって
良いといえる面はなにひとつありませんね。

お酒の場合

お酒はタバコと比べれば、それほど悪いことばかりではありません。
適量のお酒はストレス解消にもなりますし、血行を促進させる効果を持っているので、
頭皮をはじめ、お肌にも、ひいては健康にも良いとも言われています。

しかし、お酒を飲むことに伴って、脂分の多いおつまみが一緒に欲しくなることが多く、
このおつまみは、肥満をはじめ健康に対して、さらには頭皮環境を悪化させる
原因となってしまう場合が多いのです。

また長時間に渡ってたくさんのお酒を飲むこと。これがごくたまになら問題ありませんが、
頻繁にこういった飲み方をする習慣がついてしまうと、生活自体が不規則になってしまいがちです。
こういった生活の積み重ねは、薄毛にも悪影響を及ぼすことはおわかりいただけると思います。

COPYRIGHT© 2013 薄毛・AGA対策 Navi ALL RIGHTS RESERVED.